お金の返済

自己破産に必要な費用はどれくらい掛かるの?

軽い気持ちで借金をすることになり、それが積み重なりいつの間にか手が付けられない程の金額になってしまった場合、どうすればいいんだろう…と頭もいっぱい、精神面でもぐったりな状態になってしまうと思います。
そんな時、皆さんが一番に考えつくのが「自己破産」ではないでしょうか?自己破産をすることで、借金から免除され借りたお金をゼロにすることができる。
そして、新しいスタートの一歩を踏み出せるということがありますね。
しかし、自己破産を簡単にすると言っても、そんなにスムーズに進む問題ではないんです。
どのような制度になっているのか、どのように手続きを行うものなのかなど色々と知っておかなくてはいけないこともあります。
今回は自己破産に必要な費用について説明したいと思います。
自己破産手続きをする時に必要となる費用ですが、やはりどれくらい掛かってくるのか気になって心配になってきてしまいますよね。
よく考えてみると、自己破産の手続きをするといった方は、お金がないからこの場に踏み切ったわけですし、費用が掛かるとなると支払いも難しくなると思います。
それでも、新しい一歩の為にお金を掛けてでも自己破産をしたい方もいると思います。
手続きに掛かる費用や弁護士への依頼費用など、全てをまとめてどれくらいになるものなのでしょうか。
自己破産に必要な費用とは、このようなものがあります。
印紙税や郵便切手代、そして同時廃止事件と管財事件のどちらかに合った金額、弁護士に依頼した時の費用があります。
同時廃止事件を自分で手続きをすれば2~3万程度。
これを弁護士へ依頼すると20~30万、成功報酬20~30万くらいと言われています。
また、管財事件の場合は50万円となります。
そして、弁護士依頼をした場合はプラス20~40万掛かると思っていてもいいと思います。
このように金額にも大きな差が出てくるので、しっかりと確認をしてから検討をしてみて下さい。

Menu