お金の返済

借金で自己破産したらどうなるの?

軽い考えですぐ返せる額だからと思って、借金をしてしまったというあなた。
今、明細書を見ながらため息をついていませんか?こんなはずじゃなかったんだけどな…と後悔し続けている方も多いのではないでしょうか?借りたお金がどんどん大きく膨れ上がってしまい、どうしても返済できるような
状況ではなくなってしまった場合。
あなたならどうしますか?多くの方は自己破産を選択されると思います。
では、この自己破産をすることで、どのようなプラス・マイナスがあるのでしょうか?
はじめに、自己破産することでプラスになることは「借金をなくす事ができ、新しい人生のスタートをすることができる。
精神的にも気が楽になる」ということがありますよね。
聞いた感じではとてもいいことのように思えますが、実は自己破産をすることでマイナスと考えられることが山ほどあるんです。
マイナスと思われる自己破産をすることをきっかけにしてでも、自分の人生をもう一度ゼロからスタートさせたいという方も多いと思います。
では自己破産をすることでどのようなマイナスがあるのでしょうか?
一定の財産となる不動産(土地・住宅など)車や現金、預金などを失うことになります。
連帯保証人にも迷惑を掛けることになります。
官報に記載されてしまします。
これは国が発行しているもので、破産者について記載されることを言っています。
ブラックリストに登録されてしまうので、今後のクレジットカードの新規作成やローンを組むということが困難になると考えられます。
このように、自己破産をすることは簡単なことではないということがよく分かります。
自己破産したから借金もないし、もう大丈夫!というような考えだけは絶対にしないで下さい。
後から様々なトラブルや問題が待ち受けている可能性もあります。
自己破産についてもう一度確認をして、十分に理解をしてから検討をしてみて下さい。
今の自分の状態を見直してからはっきり結論を出して下さい。

Menu