お金の返済

借金の総量規制とは?

お金がどうしても必要となってしまった時、例えば大きな買い物(マイホームや車など)結婚や出産の費用などお金は生涯掛かってくるものだと言えます。
その場でお金を支払うことができれば、何も問題はありませんが、桁違いの買い物をした時のお金は一括で支払うということは難しいという方の方が多いのではないでしょうか?どの時に考える返済方法として、カードローンがあります。
業者や金融機関からお金を借りるということで、簡単に手間も掛からずローンの申込みをすることができるようになっています。
しかし、これだけ借入が便利になって大きな問題もなく申込みができる様になった今、金利のことや無謀な融資の引き出し等が社会的問題になってしましました。
そこで、資金業法の改正があり総量規制ということに大きな変化が見られました。
この総量規制とは、借金をする中で年収の1/3までしかお金を借り入れることができないという規制のことを言います。
貸したお金は返してもらうというためにも、この様に規制を改正したと思われます。
例えば年収が少ない、収入のない専業主婦の方などは以前のようには借り入れるできなくなってしましました。
総量規制にも対象外ローンになるものがあります。
銀行ローンは対象外と考えてもいいと思います。
ですが、総量規制となるものとしては、銀行系ローンと言われる消費者金融会社やクレジットカード会社、信販会社というような銀行が絡んでいない所から借りることになります。
様々な条件があるので、前もって内容を調べておいてからの借り入れをすることをオススメします。
どこでもいいから、借りられる所なら今すぐ借入したい。
というような考えでは後から後悔することもたくさんあると思います。
そうならないためにも、総量規制について少しでも知っておくことで、自分に合った条件で借入をすることができると思いますので、しっかり心の整理をしてからローンを検討してみて下さい。

Menu